ご提案事例

築36年の古さを隠すリフォームで賃料アップを実現

課題とリフォーム後の効果

課題

  • 壁・床のリフォーム後に目立つ建具の古さ
  • 入居者ニーズに合わない電気コンロ
  • 競合物件が多い立地で賃料が下落傾向

効果

  • 賃料 3,000円アップ(39,000円→42,000円)
  • 入居者募集 (※確認中)
  • 想定増収 277,680円(今後10年間の試算)
ご提案の背景

築36年を迎え家賃の下落傾向に歯止めをかける必要があります

当物件は、世帯数が多く退去が継続的に発生します。退去の際は古さを解消する内装リフォームが必須の状況です。また、町田駅徒歩圏の立地で競合物件が多いため、退去後に家賃を下げざるを得ない傾向にあることも課題となっています。
壁・床の張替えは、他のお部屋のリフォームでも行っていましたが、収納扉の古さがかえって目立っていました。
更に、キッチンの電気コンロは入居者様にとって使い勝手が悪く、お部屋で快適に過ごしたい「巣ごもり需要」への対応が必要でした。

リフォーム前

ご提案のポイント

入居者ニーズに応えるグレードアップリフォームで家賃アップ

退去後の空室期間を延ばすことなく家賃アップが見込めるご提案内容は以下の通りです。
壁・床を明るい色に張り替えることで古い印象を解消します。新しい内装の中で収納扉の古さが目立たないよう、居室扉と近い色柄のシートを張り、更に照明スイッチを最近のボタンが大きなタイプへ交換して、細部を含めた居室全体のイメージアップを図ります。
電気コンロはIHクッキングヒーターに交換してキッチンの使い勝手を向上させ、更に室内物干しを導入して、入居者様のライフスタイルの変化に応えられるようにします。

リフォーム後

リフォームの結果

家賃3,000円アップでお申込み

ブルーのアクセントなど明るくすっきりしたデザインの居室で古さを払拭し、キッチン・物干しのグレードアップで入居者ニーズへの対応を充実させることができました。
家賃を3,000円アップして4万円台に回復させることができました。
今後は、外装改修を行うことで、さらに長期的な収益改善が見込める物件になっています。

ご提案事例一覧

賃貸経営でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
賃貸経営のお悩みを解決するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。