オリバーのサブリース

安定した収益確保をサポートするサブリース契約

賃貸経営の最大の課題は空室問題です。
オリバーがサブリース(借上契約)することで安定した収益確保
と賃貸経営の煩わしさもまとめて解決できます。
※定期的に賃料の見直しをさせて頂きます

マスターリース契約とサブリース契約

一般的にサブリースとはオーナー様が所有する建物をサブリース事業者が一括で借り上げ、入居者様に転貸する管理形態のことを言いますが、本来はオーナー様とサブリース事業者との間の一括借上契約を「マスターリース契約」、サブリース事業者から入居者様に転貸する契約を「サブリース契約」と言います。
サブリースの仕組み

サブリースの賃料設定や賃貸管理

入居が決まっていない空室の状態でも賃料はサブリース事業者からオーナー様へお支払いされますが、おおよそ満室賃料の7割~9割程度の借上賃料が設定されています。また、サブリースによる賃貸管理はサブリース事業者が貸主として入居者の募集業務から契約業務、集金業務、建物の管理業務などすべてを行います。このサブリースは上手に活用できると安定した賃貸経営が見込めるメリットがありますので、最近建築された建物は年々サブリースを選択されるオーナー様が増えています。

サブリースのメリットや注意点とは?

サブリースを活用した賃貸経営

土日開催!賃貸経営個別相談会

平日のご相談・オンラインやお電話でのご相談をご希望の場合は「具体的なお悩み欄」に記載をお願いします
※法人の方はご記入ください
お電話でのお問合せ

賃貸経営でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
賃貸経営のお悩みを解決するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。