【動画で解説】築古賃貸住宅の収益改善方法

築古賃貸住宅の収益改善方法

動画を再生すると音声が流れます

築年数が経つほど難しくなる賃貸経営

賃貸住宅の家賃は、新築の時が最も高く、築年数が経つほど下落していきます。
一方で、築年数が経つほど経年劣化により修繕費の負担が増えるだけでなく、和室よりも洋室を好む入居者が増えているように、時代の変化とともに物件も変化を求められます。

安定した賃貸経営を行うには、長期的な建物の修繕計画や時流に合わせたリフォーム等、多角的な対応が必要です。

築古賃貸住宅の収益改善方法を解説

困難にも思われる賃貸経営ですが、これら将来発生が見込まれるリスクには、キャッシュフローや建物の現状把握から分析を始めることで十分に備えることができます。
動画では、築30年を超える賃貸住宅が抱えるリスクをはじめ、収益性を維持するための具体的な方法を分かりやすく解説しています。

ぜひご視聴いただき、収益改善にお役立てください。

↓ フルバージョンはこちらよりご覧いただけます ↓

動画視聴申込フォーム

空室改善対策プラン一覧

賃貸経営でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
賃貸経営のお悩みを解決するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。