【動画で解説】高齢者入居対策

現代の賃貸住宅に求められる
高齢者入居対策


動画を再生すると音声が流れます

高齢者をターゲットにした空室対策の必要性

少子高齢化が進んでいる現代において、一人暮らしの高齢者が安心して入居できる賃貸住宅が求められています。高齢者をターゲットにした空室対策は賃貸経営において課題の一つです。

少子高齢化が与える賃貸市場への影響

日本では、全人口に占める高齢者の割合が増加する高齢化と出生率の低下により若年者の人口が減少する少子化が同時に進行する少子高齢化社会となっていることはご存知かと思います。
今後40年は65歳以上の人口はほぼ横ばいで推移する一方で20歳から64歳の人口は大幅に減少し国民の3人に1人が65歳以上になると予測されております。
また、確実に見込まれる人口の減少も合わせて経済に大きな影響を与えるとお予想され、将来に対する大きな懸念材料となっています。
総務省「国勢調査」「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「将来推計人口(平成29年4月推計)」(出生中位・死亡中位仮定)

高齢者受け入れのリスクと対策

高齢者を受け入れるのリスクとして「孤独死」があり、孤独死の増加は社会問題の1つになっています。
賃貸住宅で孤独死が発生した場合、心理的瑕疵により家賃や入居率の低下に繋がると思われます。
身寄りのない高齢者の場合は遺品整理や原状回復などの対応も必要となります。
高齢者の受け入れは「孤独死」などのリスクだけではなく、メリットもあります。
メリットとして入居期間の長期化や家賃の滞納が少ないなどがあげられます。
リスクを軽減する対策として、高齢者向けの見守りサービスの利用や保険プランがあります
動画では詳しく説明しておりますので、是非ご視聴ください。

↓ フルバージョンはこちらよりご覧いただけます ↓

動画視聴申込フォーム

空室改善対策プラン一覧

賃貸経営でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
賃貸経営のお悩みを解決するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。