ご提案事例

LDK需要高まる、和室あり3DKを全洋室の2LDKへ変更

物件プロフィール

構造 RC 専有面積  55.00平米
築年数 27年 入居率  
間取り 3DK 最寄駅  JR横浜線 橋本駅 徒歩19分

課題とリフォームの結果

課題

  • 間取り・設備仕様は建築当初のまま
  • 空室期間が生じても賃料の減額はしたくないというご要望
  • 和室があるため退去時のコストがかかる

結果

  • ニーズのあるLDKへの間取り変更
  • 賃料の減額を行わずに募集可能に
  • すべて洋室に変更し、コストがかかりにくいお部屋へ
ご提案の背景

27年間リフォーム履歴なし、ニーズと合わないが賃料の減額はできない

間取りや設備が建築当初から変わらないまま27年の月日が経ち、お部屋の様相が現代の入居者さんのニーズから離れていました。
インターネット上で多くの物件が検索できる今、ぱっと見の印象で人気の有無が変わります。
空室期間が生まれると、損金が増え、賃料の減額を講じる必要がある等、オーナー様への負担が増えてしまいます。
オーナー様からは賃料の減額はしたくないというご要望をいただいておりましたので、
賃料の減額をせずに、入居が決まりやすくするための対策が必要です。

リフォーム前

ご提案のポイント

和室ありの3DKを、ニーズある全洋室の2LDKへ変更

ライフスタイルが変化した現代では、部屋数の多さよりも、部屋の広さを重視する入居者さんが多いです。
部屋が広いと、開放感があるだけでなく、家具の配置を自由に考えることもできるので人気です。
そこで、現代のニーズに合わせるべく、3部屋あった部屋を、LDK+洋室の2部屋へ大胆に変更することをご提案いたしました。
また、和室は汎用性の高いお部屋ですが、畳が傷みやすいため退去時にオーナー様や入居者さんへ費用負担がかかりやすい一面がありますので、洋室への変更をご提案させていただきました。

リフォーム後

リフォームの結果

ファミリー層に強く退去時負担も抑えられるお部屋へ

現代のニーズに合わせたリフォームを行ったことで、ファミリー層へのアプローチに繋がりやすいお部屋となりました。
加えて、洋室への変更を行ったことで、和室よりも原状回復工事のコストを減らすことが可能となり、オーナー様への負担も抑えられます。
オーナー様のご要望を最優先に考え、最低限のコストでお部屋の価値を最大に高めるご提案をいたします。

ご提案事例一覧

賃貸経営でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
賃貸経営のお悩みを解決するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。