トピックス

catch-img

家賃設定の賃貸経営への影響と対策|賃貸管理レポート

​​​​​​

<目次>

目次[非表示]

  1. 1.空室対策と家賃設定
  2. 2.家賃維持と家賃減額の試算比較
  3. 3.入居率100%の場合の比較(40年)
  4. 4.入居率83%の場合の比較(40年)
  5. 5.適正家賃の査定

空室対策と家賃設定

空室が発生した時の対策には様々な手法があります。中でも家賃の適正化は必須と言えます。勿論、競合物件との比較や近隣の相場、物件の現状から適正な家賃に調整することが重要で、これらなしに家賃を下げることは賃貸経営に直接影響を及ぼします。今回は家賃の値下げがキャッシュフローに与える影響についてご案内します。

家賃維持と家賃減額の試算比較

試算の条件
アパート(1ルーム×6戸)
家賃:70,000円/戸
アパートローン:150,000円/月(35年返済)
支出:家賃収入の20%
修繕費:100,000円/年
大規模修繕工事:15,000,000円/30年
(敷金・礼金は考慮しない)

入居率100%の場合の比較(40年)


入居率100%の
キャッシュフロー試算
家賃維持
5年毎に家賃を
5,000円減額
総家賃収入
20,160万円
15,120万円
支出
4,032万円
3,024万円
修繕費
400万円
400万円
大規模修繕費
1,500万円
1,500万円
ローン
6,300万円
6,300万円
手残り
7,928万円
3,896万円




入居率83%の場合の比較(40年)


入居率83%の
キャッシュフロー試算
家賃維持
5年毎に家賃を
5,000円減額
総家賃収入
16,800万円
12,600万円
支出
3,360万円
2,520万円
修繕費
400万円
400万円
大規模修繕費
1,500万円
1,500万円
ローン
6,300万円
6,300万円
手残り
5,240万円
1,880万円



適正家賃の査定

この試算のケースでは、5年毎に5,000円家賃を下げると、オーナー様の手元に残るお金は満室経営を続けても半分以下、1室空室なら家賃を維持した場合の35.8%まで減少します。そこで適正な家賃を維持するには、建物・設備の維持、ニーズの変化への対応、入居者満足の向上、これらをバランスよく対策することがポイントです。
オリバーの家賃査定は、AIが類似物件との比較や査定に影響した設備要因等のレポート共に、適正家賃だけでなく設備導入等のグレードアップ提案とそれによる家賃アップ等オーナー様の賃貸経営に寄与する情報をご提供しています。賃貸経営のご参考にぜひご活用ください。

参照:満室に繋がる家賃設定の解説はこちら

賃貸管理のお問い合わせ
株式会社オリバー オーナー様相談窓口
042-786-1616 営業時間9時~18時


株式会社オリバー
株式会社オリバー
神奈川県相模原市にある総合不動産会社です。 不動産の管理・コンサルタント業務・土地活用プランニング・賃貸住宅の斡旋・仲介など不動産に関わるサービスを提供しています。 賃貸経営や土地活用をされていらっしゃるお客様へ不動産経営のサポートをさせて頂いております。

「賃貸管理」に関するおすすめ記事


イベント開催情報

賃貸経営でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
賃貸経営のお悩みを解決するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。

イベント開催情報


無料動画コンテンツ


毎月発行の不動産情報誌

オリバー通信

人気記事ランキング

タグ一覧