トピックス

catch-img

相続で争族のない準備のきっかけに|賃貸管理レポート

​​​​​​

<目次>

目次[非表示]

  1. 1.「争族」の原因とは?
  2. 2.仲がよくてもトラブルに
  3. 3.「兄弟で共有」は絶対避けるべき
  4. 4.適正家賃の査定
  5. 5.相続対策講座の無料動画配信のご案内

「争族」の原因とは?

相続が「争族」になるなんて想像できない、という方もいらっしゃるでしょう。しかし、原因は親族同士の仲が悪いからでも、莫大な遺産を争っているからでもありません。特にオーナー様は、物理的に分けることが難しく相続財産の大きな割合を占める不動産をどうするかがポイントになります。ここでは典型的な争族事例をご紹介します。

仲がよくてもトラブルに

父は既に他界し母が預貯金3,000万円、自宅兼アパート7,000万円を遺して亡くなり、これを息子2人で相続します。法定相続分は2分の1ずつで5,000万円。自宅兼アパートは亡き母と兄夫婦が同居していたので、兄夫婦は自分たちが相続すると思っています。しかし、弟は預貯金を全額相続しても法定相続分より少なくなります。それぞれの家族の家計に関わることから、自宅兼アパートを売却して法定相続分通りに分けることを主張する弟夫婦と、自宅兼アパートを維持したい兄夫婦で争いになりました。

「兄弟で共有」は絶対避けるべき

兄弟はひとまず自宅兼アパートを共有名義で相続することにしました。その後兄弟も亡くなり、それぞれの妻子が共有のまま自宅兼アパートを相続しました。こうして相続を経るごとに共有名義人の数が増えて、面識のない人達で自宅兼アパートを共有することになりました。売却しようにも共有名義人全員の同意が取れず身動きが取れなくなりました。


適正家賃の査定

この事例では、相続開始後に相続人同士で対応を始めたことが最大の問題です。子からは言い出しにくく、親はまだまだ元気なのに、ときっかけが掴みにくいものですが、親が元気なうちに家族と専門家を巻き込んで準備を始めておくことが重要です。オリバーでは、オーナー様の為の相続対策講座を無料で動画配信しております。ご家族で相続の話をするきっかけづくりにご活用ください。


相続対策講座の無料動画配信のご案内

下記バナーをクリックすると動画視聴申込できます

相続対策基礎セミナー動画コンテンツ




株式会社オリバー
株式会社オリバー
神奈川県相模原市にある総合不動産会社です。 不動産の管理・コンサルタント業務・土地活用プランニング・賃貸住宅の斡旋・仲介など不動産に関わるサービスを提供しています。 賃貸経営や土地活用をされていらっしゃるお客様へ不動産経営のサポートをさせて頂いております。
オーナー様の大切な資産を次の世代へ|相続対策はお任せください

「相続」に関するおすすめ記事


イベント開催情報

賃貸経営でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
賃貸経営のお悩みを解決するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。

資料ダウンロード

オリバーの賃貸管理がわかる!資料ダウンロード

イベント開催情報


無料動画コンテンツ


毎月発行の不動産情報誌

オリバー通信

人気記事ランキング

タグ一覧