トピックス

catch-img

遺言書で遺産争いを防止|賃貸管理レポート

​​​​​​

<目次>

目次[非表示]

  1. 1.遺書とは違う「遺言書」
    1. 1.1.自筆証書遺言
    2. 1.2.公正証書遺言
  2. 2.争いになりやすいケースは?
  3. 3.遺言書の作成準備

遺書とは違う「遺言書」

円満な相続の為、被相続人(遺産を残す人)本人の意思で遺産の分配を決める仕組みが遺言書の作成です。遺言書は遺書と違い法的拘束力があり、作成には2つの方法があります。

自筆証書遺言

本人が遺言書を作成・保管する方法です。昨年の制度改正により、法務局など公的機関で遺言書を保管することができるようになり、紛失などを防止することができます。
(参考 外部リンク:法務省「自筆証書遺言書保管制度について」

公正証書遺言

証人2人が立ち合い本人が遺言内容を口述して作成する方法です。遺産の金額に応じた費用が掛かりますが、形式に不備がなく紛失や偽造を防げます。
(参考 外部リンク:オリバー相続サポートセンター「公正証書遺言」


争いになりやすいケースは?

「争族」の典型例


認知症は現在80代前半で20%、後半で40%の人が認知症と診断されています。判断能力を失ってからでは遺言書を作成できない為特に分割が難しい不動産をご所有の場合は事前に準備しておくことが重要です。
簡単な例としては、自己所有の不動産で事業を行う本人と跡継ぎの子供、継がない子供がいるケースです。本人が認知症と診断され遺言書がない場合、子供2人で遺産を等分することになる為不動産を巡り事業を継続したい子供と売却したい子供で争いになり得ます。不動産以外の遺産を準備や、分配を遺言書で示しておく必要があります。


遺言書の作成準備

まずは相続財産を棚卸して、アパート等は収益性や売却想定額の確認します。次に本人が相続人と相談して地方の不良資産等は前もって売却する等して分割しやすい資産に組み替え遺言書を作成します。作成した遺言書の大枠は、ご家族に発表して関係者の心の準備を促すことも相続に重要な段取りとなります。オリバーは遺言書作成の準備もお手伝いいたします。


相続対策のお問い合わせ
株式会社オリバー オーナー様相談窓口
042-786-1616 営業時間9時~18時


株式会社オリバー
株式会社オリバー

神奈川県相模原市にある総合不動産会社です。 不動産の管理・コンサルタント業務・土地活用プランニング・賃貸住宅の斡旋・仲介など不動産に関わるサービスを提供しています。 賃貸経営や土地活用をされていらっしゃるお客様へ不動産経営のサポートをさせて頂いております。

「賃貸管理」に関するおすすめ記事

年頭にあたりオーナー様へ部門宣言|賃貸管理

2022年の年頭にあたり、オーナー様へ各部門長より宣言させていただきます。

年頭のご挨拶─DX時代への飛躍で新たな価値のご提供へ

2022年の年頭にあたり、オリバーグループ代表小川秀男よりご挨拶をさせていただきます。

建物の欠陥による事故とリスク|賃貸管理レポート

建物の安全性が欠如するとオーナー様は大きなリスクを負うことになります。そのリスクヘッジを考えます。


イベント開催情報

賃貸不動産オーナー様向け!相続対策基礎セミナー

賃貸不動産オーナー様向け!相続対策基礎セミナーを開催いたします。賃貸不動産オーナー様に特化した相続の方法をわかりやすく解説いたします。会場でのセミナーとオンライン配信とお選びいただけます。

河津桜まつりツアー

河津桜まつりで春を先取りして頂ける企画を開催させて頂きました。 毎年開催しているオリバーの恒例イベントです。ぜひお気軽にお申込みください。

毎週土日開催!賃貸経営個別相談会

毎週土日!賃貸経営個別相談会を開催中。空室や賃貸管理で課題やお悩みはオリバーへご相談ください。年間400名のオーナー様へご相談の実績がございます。相模原・町田・座間・大和の賃貸経営はお任せください。

賃貸経営でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
賃貸経営のお悩みを解決するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。